理系大学生が在学中にやるべきこと10選&その時期を東工大卒が紹介

 

今回は『理系大学生が在学中にやるべきこと10選&その時期』について紹介したいと思います。

 

理系の大学生は、授業や実験、レポートや研究と非常に忙しいです。

 

そのため、学業以外が疎かになりやすく、世間から『勉強しかできない』などというイメージを持たれがちです。

 

しかし、理系の大学生は多様な経験こそ少なめですが、論理的思考力や構造把握力が高いので、経験値さえ手に入れることができれば、柔軟性と応用力を持ち合わせた人間に成長できます。

 

また、社会に出てから「学生のうちにやっておけばよかった…」と後悔する項目もいくつかあります。

 

そこで今回は、理系大学生の圧倒的な成長、そして社会に出てから後悔をしないように、学生のうちにやっておくべきことを紹介したいと思います。

 

マネー金

理系大学生が今回の内容を経験できれば、鬼に金棒だよ!

 

社会に出てから「あの時やっていればなぁ…」と後悔することも結構あるしね~

スカイウォーカー

 

筆者

  • 東工大の学部・修士卒

 

英語学習(特にTOEIC)

ソース画像を表示

 

【対策時期】

  • 大学1年時、大学3年時、修士1年時
  • ※大学4年時の院試にTOEICを使う可能性大
  • ※大学3~4年生 or 修士1~2年生の就職活動時に使う可能性あり

 

理系の学生は文系の学生以上に英語力が必要です。

 

研究で用いる論文は英語ですし、発表も全て英語という研究室も少なくありません。

 

また、理系学生が就く職業の多くは英語力を必要としてきます。

 

社会人になると、肉体的な疲労も精神的な疲労も増えてくるため、できれば学生のうちから英語対策をしておきましょう。

 

少なくとも、一般的な英語力の指標とされているTOEICの点数は確保しておいた方が良いでしょう。

 

以下の記事で、大学生向けにTOEICの勉強法を紹介しているので、是非ご参考ください。

 

 

サークル・部活

ソース画像を表示

 

【活動時期】

  • 大学1年生~大学3年生
  • ※入る時期は大学1年時~大学2年時

 

サークルや部活は学生の宝のうちの一つです。

 

集団で活動したり、大人数での遊びや旅行を企画して実施する経験は将来必ず役に立ちます。

 

また、サークルや部活は、集団の中での自分の役割や葛藤、チームへの貢献が見えやすいので、就活の時のネタとしても使いやすいです。

 

そして、大学の時のサークルや部活の仲間との関係は、卒業して社会に出た後でも続きます。

 

小中高の友達は徐々に疎遠になっていく傾向がありますが、サークルや部活の仲間との縁は長く強固です。

 

そのため、是非大学生のうちに集団の活動を経験しておいてください。

 

社会人になると、時間や体力・精神力の問題だけでなく、無邪気さという重要な要素が消えていきますからね。

 

もし、”既存のサークルに興味がなくて自分でサークルを作りたい”という人がいれば、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

アニメ・漫画

ソース画像を表示

 

【オススメの時期】

  • 大学1年時~大学3年時の長期休暇(夏・冬・春)

 

理系学生の場合、もはやアニメと漫画は共通言語みたいなものです。

 

アニメや漫画にそれほど興味がなかった人も、理系大学に進学して少し経つとアニメや漫画好きに変わっています。

 

それぐらい、理系の中ではアニメや漫画が一般的なのですが、これらは結構時間が取られます。

 

特にアニメの場合、一気に見ようとすると少なくとも5時間は必要です。

 

1話ずつ見ればいいのですが、ついつい見てしまうのがアニメというもの。

 

多くの時間がかかってしまうため、学生の長期休みの間に一気に見ておくと良いでしょう。

 

社会人になると、まとまった時間が取りづらい上に、『せっかくの休日がアニメだけで終わってしまった…』という後悔も生じてきかねませんから。

 

自動車免許取得

ソース画像を表示

 

【オススメの時期】

 

車校通いの場合

  • 大学1年時~大学2年時
  • ※夏は混むので夏前から定期的に通うと良い

 

≪免許合宿の場合

  • 大学1年時~大学2年時の夏休み

 

自動車免許は出来れば大学2年時までに取っておきましょう。

 

大学3年でもまだ間に合いますが、人によっては就職活動をする場合があるので、余裕のあるうちに取っておいた方が良いです。

 

また、都会在住かつ、就職後も都会に住むつもりの人の中には”運転免許証は必要ない”という人がいますが、免許は持っておいた方が良いです。

 

運転免許証は運転以外でも、身分証明書としても非常に優秀かつ便利なので、逆に持っていないと不便かもしれません。

 

アルバイト

ソース画像を表示

 

【時期ごとのアルバイト可能時間】

 

大学1年時~大学3年時

  • 週3~4回で20時間程度
  • ※テスト期間中は休む人が多い

 

大学4年時

  • 週3回で14時間程度
  • ※院試対策期間は休むこと

 

修士1年時

  • 週2回で6時間程度

 

修士2年時

  • 週2~3回で10時間程度

 

アルバイトはお金を稼ぐ目的もありますが、それ以上に自身の経験値とスキルアップにつながります

 

塾講師の場合は相手に分かりやすく端的に伝える力、接客バイトの場合は現場対応力のように、社会に存在する人間としての根本的な力を培うことができます。

 

また、アルバイトの場合もサークルや部活のように、就活で使いやすいネタとなります。

 

以下で理系大学生にオススメのアルバイトを紹介しているので、興味があれば是非ご覧ください。

 

 

幅広い人脈形成

ソース画像を表示

 

【学外の人脈形成ができる場】

  • 地域クラブ
  • 飲み屋
  • 学生イベント
  • 就職活動

 

地域クラブ

地域クラブは、その地域のスポーツ or 文化コミュニティのことです。

 

例えばサッカーをしている人の場合、居住地域のサッカークラブに参加するということです。

 

学生から社会人まで、幅広い層の人が所属しており、学外交流の場としては非常に適しています

 

自身のやっているスポーツであったり、伝統芸のように共通の目的を持っている人が集まっているため、参加もしやすいです。

 

ただ、最初に一人で参加するのは少しハードルが高いと思うので、最初は友達を誘って一緒に参加してみると良いでしょう。

 

飲み屋

飲み屋は、居酒屋やバーやHUBなどを指します。

 

意外とお酒の席での新たな人脈形成は多いです。

 

お酒で皆気分も良いので、勇気を振り絞って話しかけてみると意外とすぐに仲良くなれたりします。

 

向こうから絡んでくる場合もあるので、拒絶せずに話に乗ってみましょう。

 

意外と馬が合ったりすることも少なくないですよ!

 

学生イベント

学生イベントは主に新入生向けの人脈作りの場です。

 

色んな大学の大学1年生が集まって交流するイベントなので、学外の友達を作るには最適です。

 

こちらも1人での参戦となると少しハードルが高いです。

 

とは言っても、大学入学直後に学内で友達ができている人はそれほど多くありません。

 

そこで、同じ県に住んでいる高校の友達を誘いましょう

 

2人で参加すれば、心のハードルがかなり低くなりますよ!

 

就職活動

就職活動の場合、グループディスカッションやインターンが主に新たな人脈を作るチャンスの場です。

 

たまに面接時に声をかけて仲良くなる人がいますが、こちらはハードルが高いです。

 

面接が終わった後は安堵している人が多いため、声自体はかけやすいのですが、なかなか仲良くなるまでもっていくのは難しいです。

 

やはり一緒に悩んで考えて話し合うことができるグループディスカッションやインターンの仲間の方がハードルは低いです。

 

恋人づくり

ソース画像を表示

 

理系大学生の場合、学内の男女比に絶望している人は少なくないでしょう。

 

そのため、学生時の恋愛は諦めて社会に出てからの出会いに期待する人も少なくありません。

 

しかし、これは結構危険な考えです。

 

詳細な理由や、社会に出た後の私自身の苦い経験については以下の記事で紹介しています。

 

 

自力でお金を稼ぐ術を身に着ける

ソース画像を表示

 

【オススメの時期】

  • 大学1年時~大学3年時

 

理系大学生に圧倒的に足りない経験や意識の一つがこの『お金を生み出す経験』です。

 

お金に無頓着な人が多いかつ、今までサイエンスやテクノロジーの原理ばかりを追い求めてきた人がほとんどなので、仕方のないことではあります。

 

しかし、これからの時代を考慮すると、これは非常に危険です。

 

今までは組織の中でどれだけうまく立ち回るかがネックでしたが、これからは個人でどれだけお金を生み出す能力を高められるかがネックとなってきます。

 

また、終身雇用が当たり前ではなくなった現在では、他の収益軸を作ってリスクヘッジする行動は必須となってきています。

 

自分自身でお金を稼ぐ大変さ、お金を自分で生み出す難しさを経験できるいい機会です。

 

時間のある学生のうちからその経験をしておけば、周りとは比べ物にならないくらい成長できるでしょう。

 

多くの社会人が学生のうちからやっておけば良かったと後悔することランキングのトップクラスなのでね…

 

1.ホームページ作成

  • 『Wordpress』が扱いやすい
  • HTMLやCSSの知識が多少必要

 

ホームページ作成では、自分の商品を宣伝してお金を稼ぐ方法と、ホームページ作成依頼を受けて報酬を貰う方法があります。

 

後者の方が圧倒的に稼ぎやすいですが、クライアントの要望に応えないといけないのでそれなりのHTMLやCSSの知識が必要となってきます。

 

自分自身で紹介できる商品を持っている場合は、前者をオススメします。

 

ただ、なかなか収益発生までの道のりは長いでしょう。

 

ダウンロード

 

2.ブログ作成

  • 初心者は無料の『はてなブログ』からスタート
  • 慣れてきたら課金してはてなProにする or WordPressにする

 

ブログはライティング技術や表現力も身に着けることができますし、何よりも自分の考えや知識のアウトプット場所にもなります。

 

そのため、普段から人に何か伝えたいけど口には出すことができない、という人には最適です。

 

また、一言でブログと言ってもエンタメ系から教育系まで、本当に様々です。

 

なので、まずは自分の興味のあることから始めて、文章を書くことに慣れてきたらニーズに応えるジャンルや文章を書くようにしましょう。

 

慣れるまでは無料のはてなブログで練習すると良いですよ!

 

同じブログ仲間たちがブログを読んでアクションしてくれるので、満足感を得ることができますから。

 

はてなブログ

 

3.ゲーム作成

  • Unityで簡易ゲームを作成して公開
  • 慣れてきたら課金して時間をかけてクオリティを上げる

 

Unityは素人でも比較的簡単にオリジナルのゲームを作成できるツールとして有名です。

 

聞いたことがある大学生も少なくないでしょう。

 

特に工学系の大学生の場合は、プログラミングの練習にもなり、かつゲームを作るという夢も叶えることができるので、是非一度やってみてください。

 

作り終えたら、Unity web playerでそのゲームを公開すれば、ゲーム遊戯者からのコメントや反応を貰うことができます。

 

慣れてきたら課金してクオリティを上げて、有料販売するのも良いでしょう。

 

自作ゲーム作成Unity

 

4.動画作成

  • 無料版Filmoraが使いやすい
  • ※課金をすると動画右下の『Filmora』というロゴを消すことができる

 

動画作成の場合、クライアントの動画を編集して報酬を貰うパターンと、自分で動画コンテンツを公開して収益を得るパターンがあります。

 

ホームページの時と同様に、前者はそこそこ動画編集技術が必要となりますが、比較的稼ぎやすいです。

 

一方で、youtubeのように自分の動画コンテンツを収益源とする場合は、チャレンジしやすいですが、収益までの道のりは長いです。

 

ただ、後者の良いところは、世間の人が何を求めているか、潜在ニーズがどこに存在するのかなどを分析して知ることができるので、ビジネスには欠かせないマーケティングノウハウが身に着きます

 

せっかく高い専門性を持って良い物を作ることができる理系に所属しているので、それを上手く売るためのノウハウも学んで鬼に金棒になりましょう。

 

無料動画編集ツール

 

5.FX

  • FXは経済の流れを効率よく知ることができる
  • 経済市場の動向を知ることはビジネスにおいて必須

 

株式や債券や不動産投資は学生の財布事情的に少し厳しいので、FXや仮想通貨が最適です。

 

金融は理系向けの分野でもあるので、学問的な意味でも学んでおいて損はないでしょう。

 

また、投資はどれだけ実験的な作業を繰り返し行うことができるかが肝となってくるので、理系学生向けと言えます。

 

経済動向を効率よく知るきっかけにもなるので、是非学生のうちに一度経験しておいてみてください。

 

最初はお金を賭けるのが怖いと思うので、デモトレードアプリで試してみるのが良いでしょう。

 

以下の記事でFXを始める際に必要な最低限の知識や始め方の手順を紹介しているので、興味があればご覧ください。

 

FX初心者が最初に読むべき勉強本!最低限知っておくべきFX用語と始め方

 

6.ネット販売

『メルカリ』や『ヤフーオークション』

  • 転売
  • 自作の商品を売る

 

ネット販売には、転売のように「定価-原価」で儲けるパターンと、自分の持ち物や自作の物を売って儲けるパターンがあります。

 

前者の場合は、やり方を間違えるとすぐに炎上するのであまりオススメしません

 

後者は、例えば絵を描いて売ったり、アクセサリーを作って売ったりなどで儲ける方法です。

 

黙々と物作りするのが好きな人には向いているでしょう。

 

ネット販売は初心者でも比較的すぐに収益化できるので、手っ取り早くお金を生み出したい人はオススメです。

 

ディスカッションが多い文系科目の受講

ソース画像を表示

 

理系学生の文系授業は、『テクノロジーをどう使うべきか』『サイエンスをどう捉えるべきか』等のように、答えがない適応課題について議論するものが多いです。

 

理系の学生は、このような価値観や倫理観を軸にしたロジカルシンキングに不慣れな人が多いです。

 

抽象テーマについての議論は視野を広げて柔軟な思考力を身に着けるのに役立つので、是非体験しておきましょう。

 

柔軟な思考は就活のグループディスカッションだけでなく、研究でも役立ちますよ!

 

やってみたいと思っていることに1つだけチャレンジ

ソース画像を表示

 

人間は挑戦する回数を重ねれば重ねるほど、そのハードルが低くなります。

 

つまり、チャレンジした経験を重ねることで、どんどんチャレンジしていけると言うことです。

 

何かに挑戦することは非常に勇気がいります。

 

『やってみたいけど、やっぱりやめておこう…』と断念してしまう人も少なくないでしょう。

 

しかし、ここで踏みとどまって頑張って一歩を踏み出してみてください。

 

一人カラオケにチャレンジしてみる、とかでも結構です。

 

やってみたいけど今までできていなかったことに何か1つでもいいのでチャレンジしてみてください。

 

それができれば、徐々にその後の人生がプラスに転じていくでしょうから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です