野菜ジュースと豆乳を1か月間毎日飲み続けた結果を解説付きで紹介

 

今回は「野菜ジュースと豆乳を1か月間毎日飲み続けた結果」を解説付きで紹介したいと思います。

 

野菜ジュースと豆乳を毎日飲んでいるだけで美肌健康状態が保たれるのであれば、すごく楽でいいですよね。

 

液体なのでサッと体の中に入っていきますし、たとえ毎日だとしてもそれほど苦にはなりません。

 

しかし、野菜ジュースも豆乳もそれなりに値段がします。

 

毎日続けていてあまり効果がなかったら、誰でも後悔しますよね。

 

そこで今回、皆さんの代わりに、1か月間毎日野菜ジュースと豆乳生活を試してきたのでその結果を紹介します。

 

マネー金

是非今回の記事を見て、野菜ジュース・豆乳生活をしてみてね!

 

1か月間の野菜ジュース・豆乳生活の摂取条件と感想

 

今回は野菜ジュースと豆乳の効果を最大化できるように、それ以外の食事はかなり質素なものにしました。

 

野菜ジュース・豆乳の摂取条件と食事内容

【野菜ジュースの摂取条件】

  • 朝(食前):200ml
  • 夜(食前):200ml

 

【豆乳の摂取条件】

  • 朝(食前):200ml
  • 夜(食前):200ml

 

【食事メニュー】

  • コンビニの塩結び(2個)
  • サラダチキン
  • ※1食当たりの総計:約400円

 

野菜ジュースには本来の野菜の1/2程度しか栄養素が含まれていません

 

これは、野菜を絞って野菜ジュースを作る際に、すべての栄養素がジュース内に含まれないことが原因です。

 

そのため、私の場合は「1日コップ1杯」と書いている野菜ジュースに関しては、1日に2杯飲んでいます。

 

また、甘い野菜ジュースや豆乳は糖質の量が多いため、今回は甘くない野菜ジュースと豆乳を選んでいます。

 

1か月間の野菜ジュース・豆乳生活の感想

【筆者の特性】

  • 乾燥肌で多汗症
  • ニキビができやすい

 


1週目
肌の状態は変わらず悪い

  1. 野菜ジュースと豆乳を飲み始めて最初の1週間は肌状態に変化なし
  2. 飲み慣れていない無調整の豆乳は慣れるのに丸1週間かかった
  3. 野菜ジュースと豆乳を飲む際はレンジで30秒ほど温めてから飲むとお腹が冷えずに済む


2週目
朝起きた時の調子は良好

  1. 2週目に入ると徐々に朝起きた時の肌の調子が良くなってくる
  2. 乾燥肌である自分の肌が潤いを保っているように感じ始める
  3. しかしニキビはまだなくならない


3週目
少しずつニキビが改善

  1. 3週目に入ると、徐々にニキビの状態が改善され始める
  2. 肌にも潤いがあり、乾燥もせず脂っぽくもない状態になる
  3. 新たなニキビができづらくなってくる


4週目
ニキビが目立たなくなる

  1. 4週目に入ると、ニキビの状態が改善され目立たなくなってくる
  2. 多少睡眠不足でも新たなニキビができづらくなった


野菜ジュース・豆乳の成分と美肌健康への科学的作用

ソース画像を表示

 

ここでは野菜ジュース・豆乳の成分と、それらの美肌健康への科学的作用について紹介します。

 

野菜ジュース

 

野菜ジュースに含まれる有用物質は以下です。

 

【野菜ジュースの有用成分】

  • ビタミンC
  • リコピン
  • β-カロテン
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 食物繊維
  • 鉄分
  • 葉酸
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ナトリウム
  • 植物酵素

 

これだけ見ると完璧な栄養バランスのように見えますが、実はこれらの成分のうち、入っていてもほぼ無意味なものがあります。

 

それは、「ビタミンC」と「植物酵素」です。

 

市販の野菜ジュースは、製造過程で加熱処理をしています。

 

これは、細菌が生きた状態で混じっていると、野菜ジュース内で増殖してしまい、何か毒性物質を産出する可能性があるためです。

 

そのため、加熱処理により商品を滅菌しています。

 

この滅菌過程で高温にするため、野菜ジュースに含まれている「ビタミンC」や「植物酵素」のような有用物質が壊れて機能しなくなっています。

 

上記のそれぞれの成分の科学的効果については以下の記事で紹介しているので、もし興味がご覧ください。

 

 

豆乳

 

豆乳に含まれる有用物質は以下です。

 

【豆乳の有用成分】

  • タンパク質
  • イソフラボン
  • サポニン
  • レシチン
  • オリゴ糖
  • ビタミンB
  • ビタミンE
  • カリウム
  • ミネラル分
  • 不飽和脂肪酸

 

サポニンとレシチン以外の物質は、先ほど掲載した記事で紹介しているので、ここではサポニンとレシチンのみ説明します。

 

サポニンは抗酸化作用を持った物質です。

 

抗酸化作用は、体内で発生した活性酸素種という酸化力の強い(毒性の強い)物質を抑制することで、体内の細胞の酸化(老化)を防ぎます。

 

活性酸素種が存在すると、細胞が酸化され、代謝機能や免疫システムが低下してしまいます。

 

サポニンは、この有害である活性酸素種を抑制する働きがあるため、代謝促進や血流促進、アンチエイジングに貢献します。

 

レシチンは『ホスファチジルコリン』が正式名称です。

 

このホスファチジルコリンは、リン脂質と呼ばれる成分であり、リン酸と脂肪酸が結合した物質です。

 

細胞の膜を形成している「脂質二重膜」という場所に存在しています。

 

つまり、細胞の壁のような役割ですね。

 

また、このホスファチジルコリン(レシチン)は脳の神経伝達物質としても用いられています。

 

つまり、脳の働きには必須な成分なのです。

 

ホスファチジルコリンを摂取することで、脳の働きを活性化することができます。

 

美肌健康効果のあった野菜ジュースと豆乳の商品種類

 

ここでは、実際に1か月間摂取してみて効果があったものを紹介します。

 

野菜ジュース部門

1位 食塩無添加野菜ジュース

 

この野菜ジュースは本当に効果が抜群でした。

 

1か月間でこれほど肌がきれいになるのかというくらい、肌のきめが細かくなり、肌ツヤが出ました。

 

しかもお酒を飲んだ次の日でも、この野菜ジュースを摂取していただけで、水分が肌に保たれた状態で朝を迎えることができました。

 

2位 野菜一日これ一本+野菜生活100グリーンスムージー

 

こちらは、どちらか片方だけでは効果はイマイチなのですが、合わせ技をするとかなり効果的でした。

 

2つ合わせたときの効果は一番大きかったです。

 

カップ焼きそばとサラダチキンという食事内容でもかなり美肌になったため、これらの野菜ジュースを合わせた時の効果は絶大です。

 

豆乳部門

1位 無調整有機豆乳

 

調整豆乳は糖分がかなり多く含まれているので、オススメしません。

 

この無調整の豆乳は美肌健康に効果的なのですが、最初に飲む時は抵抗があると思います。

 

単純に私が豆乳嫌いということもあるのですが、なかなか強烈な味でした。

 

しかし、1週間ほど飲み続けていると、特に何も嫌じゃなくなります

 

そのため豆乳嫌いな方も、最初は美味しくないですが、すぐに慣れてくるのでそれほど心配しなくても大丈夫です。

 

野菜ジュースも豆乳も商品を選べば美肌健康効果がある

 

野菜ジュースと豆乳を選ぶ際のポイントは以下です。

 

  • 野菜ジュースはできるだけ液体が深い赤色のものを選ぶこと
  • 豆乳はできるだけ無調整の有機豆乳のものを選ぶこと
  • 糖分で甘くしていないものを摂取すること

 

以上、1か月間毎日摂取していて効果があった野菜ジュース・豆乳の紹介でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です