理系院生が文系就職する時のメリット4選デメリット4選|東工大卒が紹介

 

今回は『理系院生が文系就職する時のメリット4選デメリット3選』を東工大卒の私が紹介したいと思います。

 

理系院生の場合、研究の専門性を活かせる理系就職と、専門性が関係ない文系就職のどちらでも選ぶことができます。

 

しかし、理系院生の多くは、今までに培った専門性を活かせる理系就職を選ぶ傾向があるため、ほとんど文系就職を選びません。

 

このように、周りが理系就職ばかりだと、本当に文系就職をしてもいいのか分からなくなってきますよね。

 

私も最後の最後まで理系就職にしようか文系就職にしようか悩んでいました。

 

もし皆さんが当時の私と同じ悩みを抱えているのであれば、是非今回の記事を読んで参考にしてみてください。

 

【筆者】

  • 東工大の学部・大学院卒
  • 新卒で文系就職(金融)
  • 科学を扱う理系職に転職

 

マネー金

自分の経験も踏まえて、主に以下を中心に紹介するね!

① 理系院卒の文系就職のメリット・デメリット

② 理系院卒が文系就職して良かった点・後悔した点

 

文系就職と理系就職の違い

ソース画像を表示

 

文系就職の理系就職の違いは以下です。

 

【文系就職】

  • 就職活動時に専門性を要さない

 例)マーケティング職

 

【理系就職】

  • 就職活動時に理系の専門性を要する

 例)研究職

 

理系院生が文系就職する時のメリット4選

ソース画像を表示

 

【メリット】

  1. 就職活動が文系学生よりも有利
  2. 年収が理系就職よりも高い
  3. 会社内で高評価を受けやすい
  4. 人脈が大幅に広がる

 

以下で上記のメリットの詳細を説明します。

 

就職活動が文系学生よりも有利

【理系院生が採用されやすい業界】

  • コンサルティング業界
  • 金融業界
  • IT業界
  • 商社業界
  • メーカー業界
  • 製薬業界

 

【理系院生が有利な職種】

  • マーケティング職
  • 企画職
  • 営業職

 

理系院生は研究生活で『論理的思考力』や『PDCAサイクルを回すクセ』が身についています。

 

これらはどんな業種においても必要であり、土台となる能力です。

 

そのため、初めから上記2つの能力が文系学生よりも身についている理系院生は重宝される傾向があります。

 

また、研究関連でPowerPointやExcelを使い慣れているので、即戦力要員として歓迎されます。

 

さらに、コンサルなどでは長時間労働が発生するのですが、その時にも理系院生の研究で培ったタフさが役に立ちます。

 

このように、理系院生には誇ることのできる長所がたくさんあります。

 

そのため、理系院生は文系就職で有利になることが多いです。

 

年収が理系就職よりも高い

  • 文系職の方が理系職よりも平均年収が1~1.5倍程度高い

 

年収は文系職の方が理系職よりも高い傾向があります。

 

この理由として、『①残業時間』と『②昇進スピード』が挙げられます。

 

基本給自体は文系職も理系職もそれほど変わらないでしょう。

 

しかし、文系職の場合、理系職よりも残業時間が圧倒的に多い傾向があります。

 

そのため、残業手当分で年収に差が出てきます。

 

また、文系職と理系職の場合、昇進スピードにも差があります。

 

特に40代前後からこの差は顕著に表れ始めます。

 

理系職の場合、ある一定ライン以上は上がりづらくなるからです。

 

そのため、文系職の方が理系職よりも年収が高くなるのです。

 

会社内で高評価を受けやすい

  • 即戦力になるので高評価を受けやすい傾向がある

 

理系は分析力やプレゼン経験、PC作業に慣れているので、文系の学生よりも即戦力になりやすいです。

 

おそらく皆さんが想像している以上に文系と理系ではPC作業における慣れに差があると思います。

 

そのため、最初の頃は文系学生よりも理系院生の方が高評価を受けやすい傾向があります。

 

ただ、年月を重ねるごとに徐々に差が埋まっていくので、そこから先は本人の努力や行動次第で簡単に逆転もされますし、評価も変わります。

 

人脈が大幅に広がる

  • 文系職の方が理系職よりも新しい人との出会いの数が多い

 

文系職の場合、理系職よりも同期の数が多い傾向があります。

 

また、文系職の場合、同期は基本的に文系出身者が多いです。

 

文系出身者は、大学の人数の関係や行動範囲の関係から、理系出身者よりも人脈豊富である傾向があります。

 

そのため、文系出身の同期との関係性を築けば、自然と人脈が広がっていきます。

 

今まで理系で生きてきた人間なら分かると思いますが、この『人脈の広がり』は理系ではなかなか手に入れることのできないものです。

 

 

理系院生が文系就職する時のデメリット4選

ソース画像を表示

 

【デメリット】

  1. 就職活動時が非常に忙しい
  2. 研究関連の専門知識を活かせない
  3. 学部生とスタートが同じ
  4. 理系職への転職が困難になる

 

以下で上記のデメリットの詳細を紹介します。

 

就職活動時が非常に忙しい

【忙しい時期】

  • 修士1年の夏・冬
  • 修士2年の春

 

【この時期やること】

  • 研究
  • 授業
  • 就職活動
  • アルバイト

 

文系就職をする場合、基本的には修士1年の夏・冬はインターン選考に時間を割く必要があります。

 

理系就職の場合は、この時期から動き始める人は少ないでしょう。

 

そのため、理系就職の人よりも就職活動にかける時間が多くなりがちであり、忙しさもかなり変わってきます。

 

修士1年時はただでさえ忙しいので、そこに就職活動が加わるとなると、かなりの忙しさを覚悟しなければなりません。

 

研究関連の専門知識を活かせない

  • 今まで培ってきた専門知識はほとんど活かされることがない

 

文系就職は理系の専門性を要さないので、今まで培ってきた理系の知識はほとんど役に立ちません。

 

知識は役に立ちませんが、理系の論理的思考力や未知の研究を進めるためのノウハウなどは活きてきます。

 

理系の知識ではなく、理系の知恵を活用することに誇りを感じることができる人であれば、問題ないでしょう。

 

ただ、理系の知識を使って生きていきたいというのであれば、文系就職は少し考えた方が良いかもしれません。

 

学部生とスタートが同じ

  • 文系職は学部卒も修士卒もスタートは同じことが多い

 

一部の採用枠以外の文系職の場合、学部卒も修士卒も関係ありません

 

どちらもスタートは同じで、扱いも同様です。

 

ただ、給料は修士卒の方が学部卒よりも2万円ほど多く貰えるという点は違います

 

理系職への転職が困難になる

  • 新卒で文系就職すると、専門性を要する理系職への転職が難しくなる

 

新卒で文系就職して理系職へ転職するのと、新卒で理系就職して文系職へ転職するのとでは難易度が異なります

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

 

理系院卒が文系就職して良かったこと・後悔したこと

ソース画像を表示

 

ここでは、理系院卒で文系就職した私が感じた『良かったこと』『後悔したこと』を紹介したいと思います。

 

文系就職して良かったこと

  1. 信頼できる同期の数が多い
  2. 理系以外の新たな人脈形成
  3. キラキラした生活の一部を経験

 

新卒で文系就職して良かったと感じたことは上記の3点です。

 

『信頼できる同期の数の多さ』と『理系以外の新たな人脈形成』は、先ほど文系就職のメリットのところでも紹介した通りです。

 

キラキラした生活に関しては、本当に感動したほどです。

 

今まで理系の中で生活を送ってきていたので、文系の同期に囲まれて生活をする環境がすごく新鮮でした。

 

おそらく理系院生で文系就職に興味のある人は、ほとんどの人が最初に感動を味わうでしょう。

 

文系就職して後悔したこと

  1. 文系の雰囲気に疲れる時がある
  2. 科学や研究に触れたくなってくる

 

文系の雰囲気は新鮮でかつ、キラキラしていて楽しい反面、疲れる時があります。

 

やはり理系に長い間身を置いていると、そのテンションについて行けない時が来るのでしょう。

 

また、科学や研究から離れる覚悟をして文系就職をしたとしても、必ず科学や研究に触れたくなる瞬間が来ます。

 

特に3年間も研究に集中してきた理系院卒の人からすると、科学は自分と切っても切れない存在となっています。

 

ただ、もし戻りたいと思っても、理系職への転職は難しくなる可能性があるので、文系就職と理系就職は想像以上によく考える必要があります。

 

後悔しないためにも、先ほどの理系大学院生の就活は研究職を受けるべき理由!今後のキャリアにも影響の記事をよく読んでから決めてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です