理系で国語が苦手な人でも7割は取れる勉強法|あとは他の科目でカバー

 

今回は『理系で国語が苦手な人でも7割は取れる勉強法|あとは他の科目でカバーできる』という話をします。

 

大学受験で理系選択している人のうち、国語が苦手でどうしようもないという人は少なくないと思います。

 

私も過去に模試で200点中38点という驚異の結果を叩き出したことがあるほど国語が苦手な理系受験生でした。

 

小さい頃から本もろくに読んだことがなかったため、読解力が皆無だったのです。

 

しかし、そんな国語力皆無の私でも、マーク模試やセンター試験(共通テスト)で140点(7割)は取れるようになりました。

 

あとは理系の受験生が二次試験でも用いる英語、数学、理科2教科でカバーすれば、悪くても全体で8割は下回らないようになります。

 

理系の大学受験生(医学部・東大・京大志望者以外)にとっては、国語は如何に時間をかけずに『足を引っ張らない程度』にするかが重要です。

 

特にもともと国語力があり、理系なのに国語で困っていないという人以外は上記を意識する必要があります。

 

そこで今回は、どんなに国語が苦手な理系受験生でも『最短で国語の共通テスト(センター試験)で7割取れる勉強法』を紹介したいと思います。

 

マネー金

理系の大学受験生は共通テスト(センター試験)の国語の扱いに困るよね~

 

そうなんだよ…一応志望大学の出願にも影響してくるし、出来れば時間をかけずに点を取りたいな

スカイウォーカー

 

マネー金

国語が苦手でも、最短で7割を取って足を引っ張らないようにする勉強法を紹介するね!

 

今回の記事はこんな方にオススメ

  • 理系大学受験生で国語が苦手な方
  • 最短で共通テスト(センター試験)の国語の点を伸ばしたい方

 

筆者の紹介

  • 高校二年の冬まで全科目偏差値39の学年最下位
  • 短期間の独学で全科目の偏差値を30上げ、理工系最難関の『東工大』に逆転合格
  • 国語は200点中38点を取ったことがあるほど苦手だったが80時間で7割(140点)は取れるようになった

 

1.国語のセンスがない理系大学受験生は多く時間をかけるだけ無駄

ソース画像を表示

 

国語が苦手な理系大学受験生が7割より上を目指そうとすると、かなり時間がかかるのでオススメしない

 

これは私の経験談です。

 

私は、センター試験(共通テスト)がほぼ関係ない東工大志望だったのですが、当然他の大学を受ける可能性も考えていました。

 

そのため、”東工大以外は受かっても進学しない” という受験生とは異なり、センター試験の対策もしっかりとしておく必要がありました。

 

そして私は、英語・数学・理科はある程度安定して高得点が取れていたので、全体の得点率を効率よく上げるためにも『苦手科目である国語』に着目しました。

 

ネットで調べた国語の勉強法と、国語の得意な友達から教えてもらった勉強法を駆使しながら勉強し始めたこともあり、すぐに点数は伸び始めました

 

そしてある程度たった時から、国語の点数が140点台(7割台)を超えるようになってきました。

 

今まで100点も越えなかったり、38点という驚異の結果を叩き出したりしていたので、自分でも驚きました。

 

まさか自分が本当に苦手な国語を克服できるとは思っていなかったからです。

 

そして、点が伸びだすと人は当然欲が出てきます。

 

”もっと勉強時間を費やせば、夢の8割(160点)の大台も突破できるんじゃないか?”

 

さらに点が伸びることを期待して、私は他の科目の勉強時間を削りながら国語の勉強を続けました

 

しかし、どんなに勉強時間を増やそうと、正しいと言われる勉強法を試そうと、点は一切伸びませんでした。

 

最終的に、7割台(140点台)を超えるまでにかかった時間の2倍の時間を費やしたのですが、変わりはありませんでした。

 

私の場合は結果的に運よく第一志望の理系大学に合格できたので良かったのですが、これでもし落ちていたら国語に無駄に勉強時間を費やしたことを悔やんでいたでしょう。

 

理系の受験生の場合、医学部・東大・京大志望以外は必要以上に国語を追いかけるメリットはありません

 

7割台(140点台)を取ることができれば、上出来です。

 

あとは2次試験でも必要な英語、数学、理科2科目で十分補うことができます。

 

逆に、もしそれで志望大学に必要な共通テスト(センター試験)の点数を獲得できないようでは、二次で到底太刀打ちできないでしょう。

 

なので理系の受験生の場合は、とりあえず最短で7割を取れるようにして、残りの時間は2次でも必要な科目に費やすことをオススメします。

 

本来の目的を忘れた受験時の私のようになっては悲惨ですからね。

 

ちなみに、私がいくら国語に勉強時間を費やしても8割の壁を越えられなかった最も大きな原因は『速読力の無さ』です。

 

もし、私のように文章を読む速度にあまり自信がないという理系受験生がいたら、国語から早めに手を引いた方が良いかもしれません。

 

2.最短で国語の点を取るための勉強時間と勉強順

ソース画像を表示

 

共通テスト(センター試験)の国語で最短で7割を取る勉強時間と勉強順は以下です。

 

国語の勉強時間

 

1日2時間 × 40日 = 80時間

国語の勉強順

 

古文(55時間)〔目安34点〕

漢文(15時間)〔目安48点〕

③評論(10時間)〔目安30点〕

④小説(0時間)〔目安30点〕

 

国語の勉強は『夏休み』か『共通テスト(センター試験)直前』がオススメです。

 

夏休みの場合は普段よりも勉強時間が多めに取れるので、国語に時間を配分しても大丈夫です。

 

ただ、夏休みに国語の勉強をする場合、せっかく夏休みに勉強した内容を忘れてしまいかねません。

 

そのため、夏休みに国語の勉強をする場合は、『文法』を中心に学ぶようにしましょう。

 

そして、直前期で一気に『単語や構文の暗記』をするようにしましょう。

 

理系受験生の場合の国語の勉強順は『古文→漢文→評論→小説』の順で学ぶのがオススメです。

 

古文と漢文はどちらを先に学ぶべきかでよく議論されていますが、基本的には古文から学ぶことをオススメします。

 

なぜなら、漢文では古文の単語や用法の知識を一部利用するからです。

 

ただ、古文と漢文の両方を勉強する時間がないという人の場合は、漢文を最優先して勉強してください。

 

最悪の場合、漢文は構文の丸暗記で点数を取ることができます。

 

古文から学ぶことをオススメするのは、『漢文で安定して点を取るためには一部古文の知識が必要』というだけの理由なので、時間がない人は漢文を優先しましょう。

 

評論と小説に関しては、時間がある人だけでいいです。

 

多少の時間で対策をして点数が上がるのは評論だけです。

 

それも、ほんの少し点数が伸びて安定するという程度です。

 

小説に関しては、理系受験生がかけることのできる勉強時間では大して変わりません

 

そのため、まずは古文漢文を集中的に学習しましょう。

 

大体『古文→漢文→評論』の一通りの対策を80時間ほど行なえば、7割台(140点台)は超えることができます。

 

3.最短で共通テスト(センター試験)の国語の点数を7割にする勉強法

ソース画像を表示

 

ここでは、実際の共通テスト(センター試験)の国語の勉強法を紹介します。

 

古文

古文の勉強法

 

  1. 古文単語を参考書で丸暗記
  2. 動詞の活用や用法などの文法を暗記(基本活用助動詞敬語のみで良い)

 

※終われば過去問演習をする。古文の過去問を解く時は『設問→本文』の順に見てから問題を解く

 

 

 

古文は必要事項を丸暗記すれば、少なくとも35点以上は取れます。

 

英語や漢文とは異なり、読む順番がバラバラというわけでもないので、単語や重要な用法さえ知っていれば読むことができます

 

そのため、まずは『古文単語』と『活用などの用法』を暗記しましょう。

 

単語は単語帳で暗記で良いです。

 

文法に関しては、敬語と助動詞の項目だけの演習で大丈夫です。

 

基本的にはそれらだけでも40点を取る知識はついています

 

ただ、古文は年によって難しさが大きく異なります

 

通常のレベルであれば文章を自分で読み進めることができますが、難しくなると一切意味が分からなくなります

 

そういう場合に役立つのが、設問から読んで内容をまず想像しておくことです。

 

内容を想像したうえで読み進めていくのと、内容が一切分からないままで読み進めていくのではかなり違います。

 

そのため、古文の場合はまずは設問を読んでから本文を読む練習をしておきましょう。

 

漢文

漢文の勉強法

 

漢文で頻出の構文を参考書で全て丸暗記するだけ

 

※暗記が終わって時間が余れば過去問で問題演習

 

 

漢文はこの参考書に載っている構文を丸暗記するだけで最低でも40点は取ることができるようになります。

 

ここにさらに過去問演習して、間違えた問題を復習すれば、ほぼ満点を安定して取ることができるようになるでしょう。

 

私はこの参考書のおかげで、今まで捨てていた漢文で40点を下回ることが無くなりました

 

評論

評論の勉強法

 

さらっと評論の解き方の解説を見るだけで良い

 

※それ以上時間をかけても、それほど変わらない

 

 

評論はさらっと上記の参考書で評論の解き方を一通り見るくらいで良いです。

 

理系受験生の国語に対する勉強量でがっつり演習したところで、大して点数は変わりません

 

そのため、本文と設問をさらっと確認した後は、解答をすぐに確認して解き方のフレームを理解しましょう。

 

それ以上の演習は必要ありません。

 

小説

対策する必要なし

 

小説こそ理系は対策する必要がありません。

 

難しさによって点がかなり左右されますし、安定もしません。

 

それよりも、古文漢文に時間をかけましょう。

 

れで合計140点は取ることができるようになります。

 

まずは80時間ほど時間をかけて試しに勉強してみてください。

 

独学で英語の偏差値を30上げる勉強法!参考書の正しい使い方と演習順

 

独学で数学の偏差値を30上げる勉強法!使う参考書と演習順番はこれだ!

 

短期間の独学で物理の偏差値を30上げる!偏差値ごとの参考書と演習方法!

 

化学の参考書の勉強法を難易度別に紹介!短期間で偏差値を30上げる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です