受験で太り始めた人必見!大学進学までに元通りにする完全マニュアル

 

今回は、受験期間中に太り始めた人向けに『大学進学までに元通りの体型に戻すための完全マニュアル』を紹介したいと思います。

 

受験期間中は勉強のストレスや不安などが原因でついつい食べ過ぎてしまいますよね。

 

受験中の楽しみは食べることのみ』と言っても過言ではありません。

 

そのため、毎回の食事はもちろんのこと、お菓子やジュースなどの間食の頻度も増えてきて、結果太ります。

 

私も受験生の頃は、食事と間食だけが楽しみで、ついつい食べ過ぎてしまっていました。

 

このように、受験期に食べ過ぎてしまうのはもはや自然な現象なので、悲観する必要はありません

 

しかしいくら受験期で仕方がないとは言っても、できれば元の体型を維持していたい(戻りたいものですよね。

 

マネー金

受験期はまだいいとしても、大学進学までには絶対に元の体型に戻していたいよね~

 

大学での最初の印象は重要だもんね!やっぱり最高の状態で入学したいよね!

スカイウォーカー

 

マネー金

そのためには、受験勉強に影響が出ないように少しずつダイエットしていくしかないね!

 

しかし、やはり気になるのは『受験勉強への影響』ですよね。

 

不安点

 

ダイエットで食事制限をすると、脳が働きづらくなって勉強のパフォーマンスが落ちるかも…

 

ダイエットで運動をすると、運動の時間で勉強時間が減るかも…運動後眠くなるかもだし…

 

安心してください

 

今回紹介する方法は、『脳のパフォーマンス』にも『勉強時間』にも影響しません

 

今回紹介するダイエット方法の特徴

大学入学時に元の体型に戻る(元の体型を維持する)

食事も間食もしつつダイエットできる

脳のパフォーマンスや勉強時間にも影響がない

 

1.大学進学までに受験太りを元に戻すための『食事と間食の仕方』

ソース画像を表示

 

結論

 

食事も間食の量も無理に制限しないこと

 

炭水化物(糖質)を過度に制限しないこと

 

『腸内吸収』さえされなければたくさん食べても太らない

 

血糖値が短時間で急激に上昇しなければ糖分を取っても太りづらい

上記を満たす『食事法』『間食法』は以下で詳細に紹介

 

受験期は主に『食事』と『間食』が増えることが原因で太ります。

 

そのため、多くの人は食事の量や間食を減らしてダイエットしようとするのですが、受験ストレスが原因で増えている食事と間食を減らすと、さらにストレスが増える可能性が非常に高いです。

 

そうなると、体だけでなく精神的にも負担がかかってきて、最終的には勉強のパフォーマンスにも影響してくるようになってきます。

 

受験勉強に影響が出てしまうと本末転倒なので、『受験勉強に悪影響が出ないように』食事と間食の方法を見直す必要があります。

 

受験生が食べても太りづらい食事法

① 水ダイエット

起床後コップ1杯(200ml)の水を摂取

 

食前(朝・昼・夜)にコップ1杯(200ml)の水を摂取

 

上記以外のタイミングで1時間に1度コップ1杯(200ml)の水を摂取

 

※1日の合計摂取量は10杯(2L)まで

② 食事ダイエット

朝・昼は比較的自由に食べて良し

 

夜は炭水化物の量を通常時の2/3に減らすこと(炭水化物を抜くのはNG)

 

食事の際は『野菜(食物繊維)⇒肉や魚(タンパク質)⇒米やパン(炭水化物)』の順で食べること

 

※カレーなどは上記の食べ方の順に従いづらいので太りやすい

 

水を摂取すると、体は体内でエネルギーを消費しようとする働きをします。

 

エネルギーは糖分から生産されているので、エネルギーが消費されると、それだけエネルギーの源である糖分も消費されやすくなります。

 

また、食事の際に『食物繊維⇒タンパク質⇒糖質(炭水化物)』の順に食べると太りづらい理由については以下をご覧ください。

 

f:id:tokiotokonanawariG1:20191021123913p:plain

体の働き

 

インスリンが分泌されると、体は脂肪を蓄えようとする働きをします。

インスリン分泌条件①

 

糖質(炭水化物)から摂取すると、短時間で血糖値が大きく上昇します。

 

そうすると、インスリンが分泌されやすくなり、インスリンが分泌されると体が脂肪を蓄える働きをし始めます。

インスリン分泌条件②

 

食物繊維やタンパク質から摂取し、糖質(炭水化物)をその後で摂取すると、長時間で血糖値が緩やかに上昇します。

 

そうすると、ある一定の上昇幅を短時間で超えることはないので、上昇幅の条件ではインスリンが分泌されません。

 

つまり、食物繊維やタンパク質から摂取すると、閾値(境界線)に達するまで糖分を取らない限りインスリンは分泌されづらいということです。

 

すると、体は脂肪を蓄えようとする働きをしづらくなるので、結果として太りにくくなります。

 

同じ量の糖分を摂取しても、食べ方次第で『脂肪が付きやすいか付きにくいか』が変わってくるのですね。

 

詳細はこちらの記事から

【① 水ダイエット】

水の飲み方で痩せやすさが大きく変わる!

 

【② 食事ダイエット】

ダイエット目的で糖質制限している受験生!今すぐやめた方が良い!

 

受験生が食べても太りづらい間食法

① 太りづらい糖分を間食に選ぶ場合

食べても太りづらい糖分『フラクトオリゴ糖』を含んだお菓子を間食にすると良い

 

(例)果物(特にバナナ)、明治オリゴスマートチョコレート←太りづらいチョコレートはこちらから

 

② 太りやすい糖分を間食に選ぶ場合

1日当たりの間食での摂取カロリー目安

 

■ 300kcal

 

1回あたりの間食摂取カロリー目安

 

■ 100kcal

 

※20時30分以降の間食はあまりオススメしない

 

※前後の食事の時間と1時間以上ズラさないと間食の意味がなくなるので注意

太りやすい糖分が多く含まれているお菓子の例

 

■プリン

 

■ドーナツ

 

■菓子パン

 

■和菓子

 

■ミルクチョコレート

 

食べ物のカロリー計算表←各食べ物のカロリーを知りたい方はこちらから

 

糖分自体あまり含まないお菓子を間食にする場合

糖質が少なく、脂肪やタンパク質を多く含んでいるものがベスト

 

糖質が少なく、脂肪やタンパク質が多い食べ物の例

 

■チーズ

 

■肉

 

■ナッツ類

 

■ビターチョコレート

 

食べ物のカロリー計算表←各食べ物のカロリーを知りたい方はこちらから

 

 

2.大学進学までに受験太りを元に戻すための『運動の仕方』

ソース画像を表示

 

受験期間中の運動

 

暗記科目の勉強時に、歩き回りながら声に出して暗記する

 

英語の音読や単語(熟語)暗記、リスニングのシャドーイング(音声に合わせて音読)は歩き回りながら声に出して行なう

 

※英語はこの勉強法が実際成績を伸ばす上でもかなり効率的(英語の勉強法の詳細記事は下に載せてある)

 

勉強中に眠くなったら体幹トレーニング(5分)、腕立て腹筋背筋(5分)行なうと眠気も冷めて一石二鳥

 

受験生の間は特別『運動』をする必要はありません。

 

いわゆる走ったりジムに行ったりという運動は受験終了後の、大学に入学するまでの1か月間で行ないましょう。

 

人間が摂取した糖分を最も多く用いる臓器は『脳』です。

 

そのため、勉強で脳を利用している限り、食べ過ぎなければ本来太ることはありません。

 

とは言っても、ストレスで食べ過ぎてしまうのが受験期なので、上記のような軽い運動をしましょう。

 

声を発すること、長時間立っていることは想像以上にエネルギーを用います

 

そのため、歩きながら声に発して勉強をすると、結構な運動量になります。

 

さらにこれに加えてエネルギー消費の大きい『脳』を利用するので、勉強中に声を出しながら歩くことはかなり効率的なダイエットになります。

 

そして何よりも、勉強も同時にはかどるというメリットがあります。

 

是非暗記科目や英語の勉強時は、上記の方法を用いてください。

 

暗記力の向上にも英語力向上にも貢献しますよ!

 

独学で英語の偏差値を30上げる勉強法!参考書の正しい使い方と演習順

 

3.受験で太り始めた人が『ダイエット行動』を意識し始めるべき時期

ソース画像を表示

 

遅くとも10~11月から先ほど紹介したダイエット法を取り入れる

 

これで1月いっぱいまでに5kg痩せる計算

 

それ以上に痩せたい場合は入試終了から入学式までの1か月間で運動すること

 

基本的に、先ほど紹介したような『健康的なダイエット』を行なった場合は、5kg落とすのに3~4か月ほどかかります。

 

2月は入試で忙しいので、10月~11月からスタートして、1月いっぱいまでに5kg落ちている状態にすることを目標にしましょう。

 

それ以上に痩せたい場合は、入試終了から入学式までの1か月間で、しっかりと運動して痩せるようにすれば、入学式までに受験太りを解消して元通りになるでしょう。

 

4.受験期の受験生は太ってもいい話

ソース画像を表示

 

最後に、ここまでで受験生向けのダイエット方法を紹介してきましたが、受験生は太っても問題ありません

 

むしろ、入学式なんて受験太りしている人だらけでした。

 

そこから、大学に入ってサークルや部活を通してみんな元の体型に戻っていました。

 

周りの受験生も皆受験太りしている状態なので、あまり気にすることはありません。

 

それよりも、まずは受験に合格することを最優先にしてください。

 

ダイエットはいつでもできますが、受験は高校生の特権です。

 

是非最後までやり遂げて満足のいく受験結果を出してくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です