大学受験で恋人と別れるべき人と別れるべきでない人|未練は残るもの?

 

今回は『大学受験で恋人と別れるべき人と別れるべきでない人|未練は残るもの?』について紹介します。

 

大学受験生の中には、恋愛と受験のどちらを取るべきかで悩んでいる受験生もいると思います。

 

私も受験生になりたての頃、彼女と別れるべきかどうかで毎日悩んでいました。

 

結論から言うと、私は受験を優先して彼女と別れる決断を下したのですが、この選択は誤りでした。

 

一般的には、受験中は恋人と別れるべきと言われますが、実は一概にそうとは言えません

 

その恋人たちの置かれている環境や状況によって答えが変わってくるからです。

 

そこで今回は、受験をきっかけに恋人と別れるべき受験生と別れるべきでない受験生の特徴について紹介したいと思います。

 

マネー金

周りの言うことを鵜呑みにして別れて受験に影響が出る人もいるから気をつけてね!

 

【失敗談】受験別れで未練が残って勉強できなかった

ソース画像を表示

 

ここでは私の大学受験時の失敗談を紹介したいと思います。

 

【受験時の交際状況】

  • 交際開始から6か月目
  • 私と彼女は同じクラス

 

彼女との交際開始から6か月、ちょうどその頃から校内が大学受験ムードになり始めました。

 

その時の私は、彼女と別れるつもりは一切ありませんでした。

 

ところがある時、『受験期に恋人と別れない人は受験で失敗する』という情報が私の耳に入りました。

 

当時の私は、成績が学年最下位であるにもかかわらず、超難関大学を目指していました。

 

そのため、私には一切の時間的猶予がありませんでした。

 

そしてこの頃から徐々に、大好きな彼女』と『どうしても行きたい志望大学』、どちらを取るべきか悩み始めました。

 

そして何日も悩んだ後、私は覚悟を決め、大好きだった彼女と別れて受験を優先しました。

 

「恋愛を断ち切ったし、これで受験に集中できるはず…。」そう思っていたのですが、結果は真逆でした。

 

今まで毎日連絡を取り合っていたため、誰からも連絡がない日常が違和感でしかなかったのです。

 

私は数分ごとに携帯を見て、メッセージが来ていないかどうかを確認していました。

 

当然別れたので来ているはずもありません。

 

このような状態が毎日のように続き、勉強に集中するどころの話ではなくなりました。

 

そして彼女との別れから数日が経ち、事態はさらに悪化しました。

 

私と彼女は同じクラスに所属していたのですが、彼女が別の同級生と付き合い始めたのです。

 

そしてその相手というのが、私の仲良しだった部活の同期だったのです。

 

その仲の良い部活の同期は別クラスだったのですが、下校時に私のクラスまで彼女を迎えに来ていました。

 

私はその度に、二人が一緒に仲良く帰る姿を見なければならなかったのです。

 

自分勝手に別れを告げた私が原因ではあったのですが、なんとも言えない哀しさでした。

 

勉強を目の前にしても、そのことが頭から離れず、一切集中できませんでした。

 

毎日のように”別れない選択をしていたらどうなっていたのだろう”と考えていました。

 

そして、ある程度気にならなくなり、集中して勉強できるようになるまでに、なんと約4か月もかかったのです。

 

結果的には運よく志望大学に合格できましたが、今思い返しても別れる必要はなかったなと思っています。

 

別れではなく、工夫して関係を継続できていれば、別れた時よりも勉強効率は上がっていたでしょう。

 

 

大学受験で恋人と別れるべき人と別れるべきでない人

ソース画像を表示

 

大学受験時に恋人と別れるべきかどうかを判断する材料は以下です。

 

  1. 普段の生活における距離感が近いかどうか
  2. デート頻度
  3. 一緒に勉強する際にお互いに及ぼす影響
  4. 連絡ややり取りが勉強時間に与える影響
  5. 相手への好意の熱量

 

1.普段の生活における距離感が近いかどうか

  • 距離が近い(同じクラスや同じ塾等)人は別れない方が良い

 

日常生活で距離が近い人の場合は、別れた後の方がダメージが大きく、受験の妨げになる可能性があります。

 

受験に影響がありそうだからと言って勢いで別れる前に、一度考え直した方が良いかもしれません。

 

逆に遠距離恋愛など、初めから距離感が遠いカップルの場合は、どちらの選択肢を取っても受験への影響は大きくないでしょう。

 

2.デート頻度

  • 目安=1か月に1~2回(ここでは一緒に帰ったり一緒に勉強したりはデートとしない)

 

どちらかの受験開始と同時に、デートの頻度をお互いが納得の上で減らすことができるのなら、問題はないです。

 

しかし、どうしても会いたいと思ってしまうのが人間です。

 

お互いが受験生の場合は、一緒に帰ったり、一緒に勉強することでデート代わりにすることができます。

 

ただ、片方だけが受験生の場合は、受験生ではない側が合わせてあげるしかありません。

 

3.一緒に勉強する際にお互いに及ぼす影響

  • 一緒に勉強している最中に相手を意識して集中力が下がっていると感じるかどうか

 

受験生カップルのデートは、多くの場合『一緒に勉強すること』なのですが、これは人それぞれで影響が変わってきます。

 

恋人と一緒に勉強することで勉強に集中できないのであれば、一緒に勉強するのはやめておいた方が身のためです。

 

一緒に勉強するとしても、それぞれ離れた場所で勉強し、休憩時間になったら会うくらいが良いでしょう。

 

もちろん休憩時間も、だらだら一緒に過ごすのではなく、しっかりとあらかじめ決めた時間内で一緒に休憩しましょう。

 

4.連絡ややり取りが勉強時間に与える影響

  • 休憩時間や二人で決めた時間帯以外にも連絡を取り合ってしまうかどうか

 

お互いが受験生の場合は、合意の上で連絡頻度を減らすことができると思いますが、どちらかだけが受験生の場合は難しい可能性があります。

 

連絡は何時から何分間だけ、のように二人でルールを決めて、その時間だけメッセージを確認するようにしましょう。

 

5.相手への好意の熱量

  • 付き合ったばかり、あるいは相手への好意の熱量が非常に大きいかどうか

 

相手への好意が大きすぎると、相手のことばかり考えてしまって勉強に集中できなくなってしまう可能性があります。

 

これは付き合いたてのカップルに多いです。

 

逆に、付き合って長いカップルはそれほど問題はないでしょう。

 

また、相手への好意は『会う回数 × 会う時間』が減れば、自然と消えていきます。

 

好意の大きさが受験の妨げになっていて、『会う回数 × 会う時間』が少ない人は、別れた方が受験への影響を減らせるかもしれません。

 

★ 受験で別れるべき人と別れるべきでない人

受験時に恋人と別れるべき人と別れるべきでない人は以下です。

 

別れるべき人

  • 距離感が近くない
  • 距離感は近いが好意の熱量が小さい

※絶対条件

  • デート頻度の目安を守れない
  • 一緒に勉強すると集中が途切れる
  • 連絡ややり取りのルールを守れない

※これら3つのうち1つ以上当てはまる場合

 

別れるべきでない人

  • 距離感が近いかつ、好意の熱量が大きい

※絶対条件

  • デート頻度の目安を守れない
  • 一緒に勉強すると集中が途切れる
  • 連絡ややり取りのルールを守れない

※これら3つのうち2つ以下当てはまる場合

 

上記に当てはまらない人は、どちらを選択しても特に受験に影響はないと思います。

 

大学受験で恋人と別れるべきかどうかまとめ

ソース画像を表示

 

最終的な判断は本人たち次第ですが、受験で別れずに受験が上手くいっているカップルはたくさんいます。

 

私が受験生の時にも、周りに上手くいっているカップルはたくさんいました。

 

もちろん、別れる条件に当てはまった人は別れた方が受験に集中できるでしょうが、それ以外の人は特に別れる必要はないと思います。

 

そして、もし仮に当てはまったとしても、自分がどうしても別れたくないのであれば、別れなくてもいいと思います。

 

上手いこと自分たちで話し合って頻度などを工夫して、一緒に解決していけるのが最善ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です