受験で彼氏や彼女と別れるべき?状況によっては別れは逆効果かも

 

今回は『受験で彼氏や彼女と別れるべき?状況によっては別れが逆効果になる可能性がある』という話をしたいと思います。

 

現在恋人がいるけど、自分あるいは相手、もしくはその両方がこれから受験という人は、一度は恋人との別れを考えますよね。

 

恋人の存在が受験の妨げになるかもしれない

 

今後の人生を左右する受験を優先すべきってネット上で見た

 

このように、恋愛と受験のどちらを取るべきかで悩んでいる受験生も少なくないと思います。

 

私も受験生になりたての頃、彼女と別れるべきかどうかで毎日悩んでいました。

 

どちらに転んでも受験の妨げになる気がして、なかなか判断はできませんでした。

 

結果的に、私は受験を優先して彼女と別れる決断をしたのですが、この選択が正解だったとは言えません。

 

別れたことにより、逆に受験勉強に一切集中できない期間が長く続いたからです。

 

一般的には受験時は恋人と距離を置いた方が良いと言われていますが、一概にはそうとは言えません。

 

その恋人たちの置かれている『周りの環境や状況』によって答えは変わってくるからです。

 

マネー金

受験期は恋人と別れるべきなの?

 

その恋人の置かれている状況によっては別れが逆効果になることもあるらしいね…

名前

 

マネー金

じゃあ自分達の置かれている状況を把握してから判断した方が良いんだね!

 

今回は『どのような環境や状況の恋人は受験を優先して別れるべきで、どのような恋人は別れるべきでないか』について紹介したいと思います。

 

状況を考慮せずに勢いで別れると受験に逆効果なこともあるので、是非最後まで読んだうえで判断してみてください。

 

今回の記事はこんな方にオススメ

これから受験なのだが恋人と別れるべきか悩んでいる人

別れた時にどのくらい受験勉強に影響が出るのか把握できない人

今置かれている状況で恋人と別れてもいいのか不安な人

 

1.私が受験生の頃の失敗談(恋人との別れ編)

ソース画像を表示

 

私の受験開始時の交際状況は以下でした。

 

状況

 

■ 交際期間6か月目

 

■ 互いに同じクラス

 

私は彼女と6か月間付き合っていました。

 

交際開始から6か月、まだ私は彼女のことが大好きでした。

 

そのため、恋愛熱もまだ冷めておらず、別れる理由も一切ありませんでした。

 

ところが、ちょうどその頃から『受験』が始まりました。

 

受験開始当初、私は”別に受験だからと言って別れる必要はないだろう”と思っていました。

 

しかし、受験に対して本気になるにつれて、本当にこのままでいいのだろうかと思うようになりました。

 

なぜなら、よく『受験期に恋人と別れない人は志望大学に落ちる』という情報がネットや噂で流れていたからです。

 

当時の私は、成績が学年最下位の落ちこぼれであるにもかかわらず、理工系最難関の『東工大(東京工業大学)』を第一志望大学としていました。

 

誰もが冗談だと思うかもしれませんが、本気で全科目偏差値39の状態から東工大に逆転合格するつもりでいたのです。

 

そのため、私には一切の猶予がありませんでした。

 

そして、ちょうどこの頃から『恋愛』を取るべきか『受験』を取るべきかで悩み始めました。

 

『まだ心から大好きな彼女』と『どうしても行きたい東工大』、どちらを取るべきなのか毎日悩みました。

 

そしてついに私は覚悟を決めました。

 

私はまだ大好きだった彼女を諦め、受験を優先したのです。

 

受験中は連絡の頻度を減らす等の処置でも良かったのかもしれませんが、どちらも中途半端になることだけは避けたかったので、きっぱり別れる覚悟を決めました。

 

そしてとうとう、まだ大好きだった彼女と別れたのです。

 

”受験の妨げになり得る『恋愛』を断ち切ったから、これで受験に集中できるはず…。”

 

別れた瞬間はそう思っていました。ところが、結果は真逆でした。

 

今まで毎日取り合っていた連絡、何度も一緒に帰っていた帰り道、たくさんの思い出が勉強中に蘇ってきたのです。

 

そしてさらに、今まで毎日連絡を取り合っていたため、誰からも連絡がない日常が違和感でしかありませんでした。

 

予想はしていたのですが、今まで毎日取り合っていた連絡が一切なくなるのは、想像の何倍も精神的ダメージが大きいです。

 

私は数分に一回携帯を確認し、メッセージが来ていないかどうかを確認していました。

 

当然別れたので来ているはずもありません。しかし、大好きなまま別れたので、大きな未練が残っているのです。

 

このような状態が毎日のように続きました。当然、勉強に集中するどころではありません。

 

そして、別れから数日が経ち、事態はさらに悪化しました。

 

私と彼女は同じクラスに所属していたのですが、彼女が別の同級生と付き合い始めたのです。

 

そしてその相手というのが、まさかの部活の仲のいい同期だったのです。

 

ここからはもう地獄でした。

 

その仲の良い部活の同期は別のクラス所属だったのですが、下校で彼女と一緒に帰る際に、私のクラスまで迎えに来ていました。

 

私はその度に、二人が一緒に仲良く帰る姿を見なければならなかったのです。

 

元々は”受験に専念したい”と自分勝手に別れを告げた私が原因ではあったのですが、毎日なんとも言えない哀しさでいっぱいでした。

 

まだ大好きで、未練が残っていた状態での出来事だったので、当然と言えば当然です。

 

そして、もうこの頃の私の心の中は嫉妬と哀しさでいっぱいでした。

 

勉強を目の前にしても、そのことが頭から離れず、一切集中できませんでした。

 

あの時別れていなかったら、今も幸せに受験勉強できていたのかな…

 

毎日そのような考えが頭に浮かんできました。

 

恋愛の悩みは時が解決してくれるとはよく言いますが、今回のこの件はなかなか時が解決してくれませんでした。

 

ある程度気にならなくなり、集中して勉強できるようになるまでに、なんと約4か月もかかったのです。

 

その4か月の間、ほぼ毎日ふとした瞬間に思い出して心が沈み、集中が途切れていました。

 

私のようなケースは少し特殊かもしれませんが、別れは必ずしも受験にプラスに働くわけではありません

 

結果だけ見れば、私は東工大に逆転合格することができたのでプラスに働いたように見えますが、今でもあそこで別れる必要はなかったなと思っています。

 

別れではなく、工夫して関係を継続していくことができていれば、別れた時よりも勉強効率は上がっていたでしょう。

 

これが、私の下克上受験の中での、最も大きな失敗です。

 

皆さんには同じ思いをして欲しくないので、今の恋人との状況ごとに別れるべきか別れないべきかを紹介していきたいと思います。

 

2.受験で別れるべきカップルと別れるべきでないカップルの状況

ソース画像を表示

 

受験時あるいは受験開始前に恋人と別れるべきかどうかを判断する材料には以下です。

 

普段の生活における距離感が近いかどうか

 

デート頻度

 

一緒に勉強する際にお互いに及ぼす影響

 

連絡ややり取りが勉強時間に与える影響

 

相手への好意の熱量

 

普段の生活における距離感が近いかどうか

距離感が近い(同じクラスや同じ塾等)人は別れない方が良いかもしれない

 

普段の生活における距離感が近い(同じクラス、同じ塾の教室)人の場合は、別れた後の方がダメージが大きく、受験の妨げになる可能性があります。

 

付き合っていると受験に影響がありそうだからと言って、勢いで別れる前に一度考え直した方が良いかもしれません。

 

逆に遠距離恋愛など、初めから距離感が遠いカップルの場合はどちらの選択肢を取っても受験への影響は大きくないでしょう。

 

デート頻度

目安=1か月に1~2回(ここでは一緒に帰ったり一緒に勉強したりはデートとしない)

 

どちらかの受験開始と同時に、デートの頻度をお互いが納得して減らすことができるのなら問題はないのですが、なかなかそう上手くいかないのが人間の感情です。

 

会いたいと思ってしまうのも無理はありません。

 

お互いが受験生の場合は、一緒に帰るだったり、一緒に勉強することでデート代わりにすることができます。

 

ただ、片方だけが受験生の場合は、受験生ではない側が合わせてあげるしかありません。

 

一緒に勉強する際にお互いに及ぼす影響

一緒に勉強(隣の席あるいは同じ空間)することで相手を意識して集中力が下がっていると感じるかどうか

 

受験生カップルのデートは多くの場合『一緒に勉強すること』なのですが、これは人それぞれで影響が変わってきます。

 

恋人と一緒に勉強することで勉強に集中できないのであれば、一緒に勉強するのはやめておいた方が身のためです。

 

一緒に勉強するとしても、それぞれ離れた場所で勉強し、休憩時間になったら会うくらいが良いでしょう。

 

もちろん休憩時間も、だらだら一緒に過ごすのではなく、しっかりとあらかじめ決めた時間内で一緒に休憩しましょう。

 

連絡ややり取りが勉強時間に与える影響

休憩時間や二人で決めた時間帯以外にも連絡を取り合ってしまうかどうか

 

お互いが受験生の場合は、お互い合意の上で連絡頻度を減らすことができると思いますが、どちらかだけが受験生の場合は難しい可能性があります。

 

連絡は何時から何分間だけ、のように二人でルールを決めて、その時間だけメッセージを確認するようにしましょう。

 

相手への好意の熱量

付き合ったばかり、あるいは相手への好意の熱量が非常に大きいかどうか

 

相手への好意が大きすぎると、相手のことばかり考えてしまって勉強に集中できなくなってしまう可能性があります。

 

これは付き合いたてのカップルに多いですが、一緒にいる時間が多ければ多いほど、徐々に衝動的な熱が冷めてくるので、付き合って長いカップルはそれほど問題はないでしょう。

 

また、相手への好意は『会う回数 × 会う時間』が減れば、自然と消えていきます。

 

今熱量が大きくて受験の妨げになっているかつ、日頃『会う回数 × 会う時間』が少ない人は、別れた方が受験への影響を減らせるかもしれません。

 

受験で恋人と『別れるべき人』と『別れるべきでない人』

受験時に恋人と別れるべき人と別れるべきでない人は以下です。

 

別れるべき人

『距離感が近くない』or『距離感は近いが好意の熱量が小さい』

 

※絶対条件

『デート頻度の目安を守れない(目安で抑えられない)』

 

『一緒に勉強すると集中が途切れる』

 

『連絡ややり取りのルールを守れない』

 

※これら3つのうち1つ以上当てはまる場合

 

別れるべきでない人

『距離感が近いかつ、好意の熱量が大きい』

 

※絶対条件

『デート頻度の目安を守れない(目安で抑えられない)』

 

『一緒に勉強すると集中が途切れる』

 

『連絡ややり取りのルールを守れない』

 

※これら3つのうち2つ以下当てはまる場合

 

上記に当てはまらない人は、どちらを選択しても特に受験に影響はないと思います。

 

3.まとめ

ソース画像を表示

 

最終的な判断は本人たち次第ですが、受験で別れずに受験が上手くいっているカップルはたくさんいます

 

私が受験生の時にも、周りに上手くいっているカップルはたくさんいました。

 

もちろん、別れる条件に当てはまった人は別れた方が受験に集中できるでしょうが、それ以外の人は特に別れる必要はないと思います。

 

そして、もし仮に当てはまったとしても、自分がどうしても別れたくないのであれば、別れなくてもいいと思います。

 

上手いこと自分たちで話し合って頻度などを工夫して、一緒に解決していけるのが最善ですね。

 

以下で逆転合格の秘訣、各科目の効率的な勉強法を載せているので、もし興味があれば以下もご覧ください。

 

落ちこぼれから独学で偏差値を30上げ難関大学に合格するための勉強術

 

独学で英語の偏差値を30上げる勉強法!参考書の正しい使い方と演習順

 

独学で数学の偏差値を30上げる勉強法!使う参考書と演習順番はこれだ!

 

短期間の独学で物理の偏差値を30上げる!偏差値ごとの参考書と演習方法!

 

化学の参考書の勉強法を難易度別に紹介!短期間で偏差値を30上げる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です