肌にいい睡眠時間は?美肌効果のある睡眠時間を実際に検証してみた

 

今回は「美肌に効果的な睡眠時間の検証」を行なったので、その結果を紹介したいと思います!

 

ネット上の情報では、美肌や健康に効果的と言われる睡眠時間が記事によってバラバラです。また、お肌のゴールデンタイムに寝るべきか、それともゴールデンタイムは関係ないのか、それらに対する見解も異なっています。

 

皆さんこう思いませんか?

 

”実際、どの説が本当に正しいんだろう…”

 

そこで今回、最も肌に効果的な睡眠時間を、実際に自分の体で検証することにより確認してきました。

 

マネー金

睡眠時間と美肌効果って関係があるのかな~?
関係があるみたいだよ!ただ、何時間が最も効果的かは分からないけども…

スカイウォーカー

マネー金

そういうことなら…とりあえず何時間睡眠が美肌に効果的か確かめてくるよ…

いつもみたいに体を張って検証してくるんだね…もう止めないよ頑張ってね…

スカイウォーカー

 

今回の記事はこんな方にオススメ

美肌とゴールデンタイムって関係があるの?

睡眠時間の差は体にどんな影響を与えるの?

・結局何時間睡眠がいいのか分からない…

 

1.睡眠時間と美肌の関係

 

睡眠時間と美肌にはどのような関係があるのでしょうか。

 

睡眠状態に入ると、人間の体内では成長ホルモンが分泌されます。そして、成長ホルモンの働きは「細胞分裂の促進」です。実はこの「細胞分裂」が美肌と関係してきます。

 

人間の細胞は、日々代謝反応を動かし、色んな有用物質を作っています。その有用物質というのは、エネルギーであったり、皮膚や髪の毛などに使われるタンパク質であったり、様々です。

 

つまり、細胞の働きのおかげで、私たちの体は形成されているのです。この、働き者の細胞なのですが、実は時間の経過とともに劣化していきます。この劣化は、「活性酸素種」と呼ばれる有害物質による酸化が原因です。

 

細胞が劣化をすると、今まで1の働きをしていたものが、0.7の働きになります。さらに劣化が進むと、0.7の働きがさらに低下して0.4、0.3…と、どんどん低下していきます。

 

今までは細胞が1の働きをしてくれていたから体を正常に保つことができていたのに、どんどん劣化をしていって急に0.3の働きしかしなくなれば、体が正常ではなくなってしまいます。

 

これを避けるために細胞は分裂をして、新しいコピーを作ることでフレッシュさを保っています。これが俗にいう「ターンオーバー」というものです。つまり、細胞の分裂が、健康や美肌の「鍵」なのです。

 

そして、美肌や健康に効果的な「細胞分裂」を促進するものが、睡眠時に分泌される「成長ホルモン」なのです。つまり、睡眠は美肌に貢献するのですね。

 

以下をご覧ください。

 

 

これは、男女別の睡眠時間と死亡リスクをグラフ化したものです。「6.5~7.4時間」の死亡リスクを1.0としたときのそれぞれの相対値を表しています。このグラフを見てみると、6.5~7.4時間の間が最も死亡リスクが低くなっています

 

健康状態と美肌は相関性があるため、健康における最適な睡眠時間が6.5~7.4時間であるならば、美肌における最適な睡眠時間も6.5~7.4時間である可能性が高いです。

 

では、実際のところどうなのでしょうか。以下で検証しました。

 

2.今回の睡眠時間検証の条件

 

今回、最も美肌効果のある睡眠時間を調べるために、以下のような条件で睡眠検証をしました。

 

~睡眠時間の条件~

 

①2時~7時(5時間睡眠)

②2時~8時(6時間睡眠)

③2時~9時(7時間睡眠)

④2時~10時(8時間睡眠)

※①~④それぞれについて2週間ずつ検証

 

5時間睡眠、6時間睡眠、7時間睡眠、8時間睡眠の4つの条件でそれぞれ検証をしています。

 

すべての時間において午前2時就寝なのには理由があります。一般的にお肌のゴールデンタイムは22時~2時の間であると言われています。そのため、もし本当に22時~2時がゴールデンタイムなのだとすると、そのゴールデンタイム中に就寝したことでゴールデンタイムの恩恵を受けてしまい、あまり差が出なくなる可能性が出てきます。

 

今回は睡眠時間による美肌への効果を検証したかったため、ゴールデンタイム外に就寝をしています。

 

また、食事内容についても、この検証期間内は揃えています。食事効果で美肌になったのか睡眠効果で美肌になったのかが分からなくなってしまいますからね…。

 

以上が、今回の検証における条件です。

 

3.それぞれの条件における体の変化

 

ここでは、それぞれの睡眠時間における体の変化を日記形式で紹介したいと思います。

 


5時間睡眠
眠さと疲れ

毎日5時間睡眠生活がスタート。なぜか不思議と起床直後に眠気がない。しかもなんか元気な気がする。もしかして意外と5時間睡眠が健康的説あったりするのか?

 

そんなことなかった…昼食後の眠気は尋常じゃないし、夜家に帰ってきた時にどっと疲れと眠さが来るな…。


6時間睡眠
眠さ

毎日6時間睡眠生活がスタート。起床後がありえないほど眠い…。意外と6時間睡眠はよろしくないのかもしれない。一昔前までは6時間睡眠が最適説が流れてたくらいなのにな…。

 

まあでも、5時間睡眠の時と違って体に疲れは残らないな。やっぱり人間6時間以上は睡眠するべきなのか。


7時間睡眠
正常

毎日7時間睡眠生活がスタート。7時間と言ったら結構寝てるはずなのに、なぜか起床後が眠い…。7時間は寝過ぎなのかな?

 

午後になってもあまり眠さはないし、夜家に帰っていてからも疲れはないな。やっぱり7時間睡眠最適説は正しいのかもな。


8時間睡眠
眠さと疲れ

毎日8時間睡眠生活がスタート。目覚めは素晴らしいな。やっぱり8時間も寝てるくらいだから、眠さはない。でも何だろう、体の節々が痛いしなんかだるいぞ…

 

やばい、午後がありえないくらい眠い…おかしいな、8時間も寝てるはずなのに何でまだ眠いんだ…。カビゴンか


以上が①~④の睡眠条件を検証した際の感想になります。やはり死亡リスクグラフ通り、5時間睡眠と8時間睡眠は少し危険性を感じました。意外だったのが、5時間睡眠が一番目覚めが良いことです。それ以外の睡眠時間の時は、基本的には目覚め時には眠さが残っていました。

 

結論、体の健康を考えるのであれば、やはり死亡リスクグラフのように6時間~7時間付近が最適でしょう。特に、6時間以上は必要だと思います。

 

4.美肌に効果的な睡眠時間

 

先ほどは健康に効果的な睡眠時間を記しました。ここでは、美肌に効果的な睡眠時間を紹介したいと思います。

 

基本的には健康と美肌は相関性が高いため、同じ結果になるものなのですが、今回の私の検証では少し異なりました。以下でそれぞれの睡眠時間ごとの肌の状態について紹介します。

 

①2時~7時(5時間睡眠)

 

最初の数日は肌の調子がすごくいい。おそらく、すべての検証の睡眠時間の中で最も調子が良かった。しかし、調子がいいのは最初の数日間のみで、1週間と数日が経った頃から、鼻下にニキビができた。

②2時~8時(6時間睡眠)

 

6時間睡眠の時も最初の数日は調子が良かった。問題は1週間後である。しかし、6時間睡眠の時は5時間睡眠の時と違い、肌の調子が落ちることはなかったニキビも6時間睡眠時はできていない

③2時~9時(7時間睡眠)

 

7時間睡眠の時は、最初の数日間は他の検証時に比べると肌の調子は普通だった。その後も特に可もなく不可もなく進んでいき、終了した。調子がすごくいいこともなければ、悪くなることもない「The 普通」という感じだった。

④2時~10時(8時間睡眠)

 

最初からあまり肌の調子が良くなかった。最初の1週間と数日は何もできなかったが、2週間が経過しようとしていた時に、鼻の横の溝にニキビができた。体にも負担がかかっているっぽかったし、そんな気はしていた。

 

結論、5時間睡眠と8時間睡眠は、体にも肌にもあまり良くないことが分かりました。6時間睡眠と7時間睡眠に関しては、私の場合は6時間睡眠の方が肌の調子が良かったです。

 

おそらく私の場合は、健康に効果的な睡眠時間は6~7時間付近、そして美肌に効果的な睡眠時間は6~6.5時間ほどだと考えられます。

 

この結果が万人に当てはまるかどうかは分かりません。ただ、7時間前後の睡眠時間が健康にも美肌にも効果的なことは分かりました。そのため、もし睡眠美容をしてみようと考えている方は、まずは6.5時間あたりから始めてみると良いでしょう。

 

そこから0.5時間ずつずらしていき、どの睡眠時間が自分に最適かを調べると良いでしょう。

 

5.まとめ

 

今回は「美肌に最も効果的な睡眠時間」が何時間なのか、実際に自分の体で検証してみた記事でした。今回の睡眠時間の検証で分かったことは以下です。

 

  • ゴールデンタイムでなくとも、睡眠により美肌効果は享受できる
  • 5時間睡眠と8時間睡眠は健康にも美肌にも悪い可能性がある
  • 6~7時間の睡眠が美肌には効果的である可能性が高い

 

以上が今回の検証のまとめです。

 

いかがでしたでしょうか。やはり、睡眠時間による体への影響は想像以上に大きいです。そして、体の不調は肌にしっかりと現れます。もし今の睡眠時間で肌の調子が悪いようでしたら、一度睡眠時間を見直してみるのもいいかもしれません。

 

また、睡眠時間を削っている方は意外と多いと思うのですが、体への負担が大きいので、できれば避けましょう。と言っても、物理的にどうしようもないこともあると思うので(残業等で)、1週間以上連続して悪化する睡眠時間を続けないように心がけてください。

 

では、今回はこれで終わります。皆で睡眠美肌を目指しましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です