お酒を飲んだ後でも肌荒れをしないオススメのお酒3選とおつまみ7選

 

今回は「お酒を飲んだ後でも肌荒れをしないオススメのお酒3選とおつまみ7選」について紹介します。

 

お酒や飲み会は好きだけど肌荒れが気になってしまって心から楽しめない、という方は少なくないと思います。

 

せっかくのお酒の場なのに、肌荒れを気にしてしまって心から盛り上がることができないのはつらいですよね。

 

そこで今回は、科学的根拠とともに、実際に私が自分の体を使って実験してきたので、その結果を紹介します。

 

お酒が肌に及ぼす科学的な悪影響

ソース画像を表示

 

  • 肝臓への負担による代謝機能低下
  • 水不足による肌水分枯渇

 

アルコールを摂取すると、そのアルコールは肝臓で分解されます。

 

そして、分解されたアルコールは「アセトアルデヒド」という物質に変換されます。

 

このアセトアルデヒドは有毒物質であり、二日酔いによる吐き気や頭痛などはこのアセトアルデヒドが原因です。

 

そして、人それぞれこのアセトアルデヒドを分解する能力に差があります。

 

つまり、一般的に言うアルコールの強い弱いはアルコールの分解の早さではなく、このアセトアルデヒドの分解の早さのことなのです。

 

アセトアルデヒドの分解は肝臓で行われるため、肝臓に負担がかかります

 

すると、体全体の根本的な基礎代謝自体が低下してきてしまい、細胞の老化やターンオーバーの低下につながるのです。

 

また、肝臓でアセトアルデヒドが分解される化学反応は水を利用します。

 

そのため、体全体的に水不足が生じます。

 

お酒による肌荒れを緩和してくれる物質

 

  1. 抗酸化物質
  2. 血糖値を上げる物質

 

1.抗酸化物質

肝臓の代謝は、酸素を用いる代謝がほとんどです。

 

酸素を用いる代謝は、有害である『活性酸素種』が発生する危機と隣り合わせです。

 

この活性酸素種が、肌の細胞を老化させる大きな原因となっています。

 

そして、アセトアルデヒドの分解で肝臓に負担がかかっている時は、活性酸素種が発生しやすくなります。

 

この問題を解決するために最も効果的な方法が、活性酸素種を消してくれる『抗酸化物質』を摂取することです。

 

2.血糖値を上げる物質

実は、有毒であるアセトアルデヒドを効率よく分解するためには「糖分」が必要なのです。

 

糖分が不足していると、分解が遅れてしまい、肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

 

とは言っても、糖分の摂り過ぎは逆に肌荒れの原因になってしまうので、程よく糖分を取れる食べ物を選ぶ必要があります。

 

肌荒れしないオススメのお酒3選とおつまみ7選

 

【オススメのお酒】

  • ハイボール
  • 赤ワイン
  • 生グレープフルーツ絞りサワー

※水はこまめに摂取すること

【オススメのおつまみ】

  • 枝豆
  • きゅうり
  • 衣の少ない唐揚げ
  • 山芋鉄板
  • だし巻き卵
  • サーモンとアボカドのカルパッチョ
  • キノコ入りのアヒージョ

【オススメの摂取順】

  1. 枝豆を摂取
  2. 軽くハイボールを飲む(2口くらい)
  3. キノコ入りのアヒージョをつまむ
  4. 軽くハイボールを飲む(1口くらい)
  5. 唐揚げを投入
  6. ハイボールを飲み切る
  7. ここで生グレープフルーツ絞りサワーを投入
  8. サーモンとアボカドのカルパッチョ
  9. ワインを投入
  10. あとは自由

 

枝豆はアルコールの分解と、活性酸素種の除去を促進する働きがあるため、飲み会には非常にいいおつまみです。

 

血糖値の急激な上昇も避けることができるかつ、エネルギーも得られるので、枝豆は最強です。

 

次に、軽くハイボールを飲みましょう。

 

アルコール分解に必要な酵素は、体内で作られるまでに時間がかかります

 

最初に少しだけお酒を入れることで、作られやすくなります。

 

【注意点】

  • 唐揚げの目安は4個

➤ タンパク質が多いため、摂取しすぎると肝臓に負担がかかるため

 

  • 生グレープフルーツ絞りサワーは1杯、ワインは2杯まで

➤ 含まれている糖分の量が多いから

 

  • お酒1杯に対して水も0.5杯分飲む

 

以上を守れば、基本的に肌が荒れることはありません。

 

ただ、やはりアルコールはアルコールですので、短時間で許容量を大幅に超えると、分解が追いつかず、代謝が低下してしまいます。

 

そのため、会話を楽しみながら落ち着いて飲みましょう

 

肌荒れをしない飲み会まとめ

 

  • アルコール分解を促進する「オルニチン」や「アラニン」を含む食べ物もあると良い
  • アルコールと食べ物の摂取の順は意外と大事
  • 抗酸化物質と水と最低限の糖質は摂ること
  • 家に帰った後と朝起きてからも水を飲む
  • 短時間で大量に飲むのは避けるべき

 

お酒を飲んでいる時は、ハイボールなどの炭酸飲料で腹が膨れて満腹感を感じられ、暴食を避けられます。

 

そのため、正しい方法の飲み会の後は、意外と肌が綺麗になっていたりします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です