洗顔もせず化粧水も乳液もつけない生活を1か月間続けた結果美肌に?

 

今回は「洗顔もせず、化粧水も乳液もつけない生活を1か月間行なってみた結果、美肌になったのかどうか」について紹介します。

 

美肌情報をネット上で検索すると、本当に色んな記事が出てきますよね。あるサイトでは「化粧水はつけた方が美肌になる」と。別のサイトでは「何もつけない方が元の肌本来の保湿機能を保てる」と。

 

化粧水に限らず、洗顔の仕方や洗顔料の種類、乳液の種類、本当に様々な意見とオススメの商品が存在します。

 

ですが、正直もはや何を信じればいいのか分からない…。化粧水、乳液、洗顔料、どれも拘ればきりがないほど高いです。

 

いざ買って続けてみて、効果がなかったあるいは悪化したなんてことになると、後悔しか残らないですよね。

 

そこで今回、私が体を張って検証をしてきました。

 

マネー金

なんかネットの情報が多すぎて、もうどれを信じていいのか分からない…
まあネットってそういうものだからねぇ…。なんか最近「何もしない」美容ケアが流行っているらしいよ?

スカイウォーカー

マネー金

えっ!?でも何もしなかったら肌がものすごく乾燥するじゃん…本当に大丈夫なの?

分からない、それもネットの情報だから…。でも気になっている人は多いみたいだよ!

スカイウォーカー

マネー金

みんな乾燥してしまうのが怖いんだろうね…よし、じゃあ僕が勇気出してチャレンジしてみるよ!

 

ということで、今回「何もしない美容ケア」を1か月間行なってきました!私自身色んな化粧水や乳液、洗顔を試してきた人間だったので、何もケアしないのは非常に不安でした(笑)。

 

でも頑張って勇気を振り絞って行なってみて良かったです。いい実験結果が得られました!

 

今回の記事はこんな方にオススメ

・もうどの美容情報を信じていいのか分からない…

・何もしない美容ケアを行なってみたいけど怖い…

・1か月間何もケアをしないとどうなるのか知りたい

 

1.何もしない美容ケア生活の実験条件

 

では早速、今回の「1か月間洗顔も化粧水も乳液もしない生活」の詳細について紹介したいと思います。今回の1か月間チャレンジの条件は以下です。

 

~私の肌質~

 

■乾燥肌

■敏感肌

 

私は激しい乾燥肌でして、お風呂上りに何もつけずに鏡を見ると、顔が粉をふいて白っぽくなるほどでした。さらに、化粧水や乳液は敏感肌用のものしか肌に合わず、ニキビケア用の化粧水等を用いた際は、その刺激の強さなどにより逆効果でした。

 

~比較条件~

 

■何もしない美容ケア生活を始める前の肌状態と比較する

■1か月生活を始める前の美容ケアは以下

■洗顔:ロゼット(黄色)

■化粧水:ハトムギ化粧水

■乳液:ニベアクリーム(乳液代わり)

 

上記の肌ケア方法が今までで一番私に合っていたので、このケアをしていた時の私の肌状況と比較しました。おそらく私と同じように「乾燥肌」と「敏感肌」のダブルコンボ持ちの方には、上記の美容ケア商品が最も適していると思います。

 

ただ、調子がいい時はすごくいいのですが、食生活が1日乱れただけで次の日にニキビができていました。

 

商品の想像がつかない方用に、以下に載せておきますね。私はこの3つの組み合わせが一番効果的でした。

 

 

 

 

 

~食事条件~

 

■食事回数は1日2回

■昼食は11時

■夕食は24時

■食事内容は以下である

■昼食:カップ焼きそば、サラダチキン、野菜ジュース1本

■夕食:トマトラーメン(インスタントラーメンにトマト2個入れ)

 

なかなかひどい食事内容ですね。しかし、何もしない美容ケアチャレンジを行なう前の食事条件がこれだったため、食事内容等を変えてしまうと結果への信頼性が落ちてしまうので、このひどい食生活を続けました(笑)。

 

~睡眠条件~

 

■起床時間:9時

■就寝時間:26時

■睡眠時間:7時間

 

睡眠条件もなかなかひどいものですね…(笑)。ただこの当時、本業である研究生活をメインに行動していたため、このような悪条件での睡眠ライフになっていました。見事にお肌のゴールデンタイムである22時~26時を無駄にしていますね(笑)

 

~環境条件~

 

■季節は冬(1月)

■暖房ON

■加湿器なし

■風呂はシャワーのみ

 

これまたひどいことに、一番外気が乾燥している冬に実施しました…。しかも寒さゆえに暖房もつけ、加湿器を買うのがめんどくさいという理由で加湿器もなし。クロコダイルが支配している時代のアラバスタ級の乾燥です。

 

以上が私の「1か月間何もしない美容ケア生活」の条件です。こんな劣悪な環境で美肌を目指してるんですから、まさに狂気ですよね(笑)。

 

しかし逆に、この劣悪な環境でも肌がきれいになったのなら、「何もしない美容ケア」がかなり効果的であったと言えます。

 

2.何もしないケア1か月チャレンジの経過日記

 

こちらは1か月間チャレンジの際の、経過日記とその感想になります。1週間ごとの肌状況、そして私の気持ちの変化とその時の気持ちについて、日記形式で記しています。しょうもない内容なので飛ばしていただいて構いません(笑)。

 


1週目
肌上に大雪原爆誕

よし、今日から何もしない美容ケア生活スタートだ。不安しかないけどとりあえず始めてみるか。風呂から出て何もつけないとか考えられないけど、とりあえず放置してみるか。

 

うわっ1分くらいしか経ってないのにめちゃくちゃ乾燥してきた…。鏡見てみるか…。

 

なにこれやばすぎ。乾燥で顔が粉吹きすぎて逆に色白になったわ……なんか興奮してきたな。

 


2週目
大雪原の雪解け

先週1週間は肌の乾燥がひどかったけど、なんか今週に入ってマシになってきたな。朝目覚めた後の肌はしっとりしてるし、風呂後以外は意外といいかも。

 

風呂後はやっぱりまだ乾燥するけど、肌がべりべりになる感覚だった先週とは違うな。なんかこう、サラサラになってる感じがする…。これがいいことなのかどうか分からないけど、とりあえずもうしばらく様子見だな。

 


3週目
肌に春が訪れた

なんか肌にニキビができづらくなってきたゾ!これもしかして肌に春が訪れたんじゃないか!?でもやっぱりまだ乾燥はしてる感じがするな…。水を多めに摂取してみるか。

 

おおっ水をこまめに摂ってたら肌に潤いが出てきたゾ!水の摂取程度ではこの乾燥肌を解決できないと思って今までやってなかったけど、我慢しながらも飲んでみて良かった。

 


4週目
もう少しで夏

何もしないケアをしだしてから本当にニキビができなくなったな…。今まで食生活が乱れたら、暇な時のウルトラマン・コスモス急の早さでニキビが駆けつけてきてたのに、食生活が1日乱れた程度じゃ何も起きなくなったな。素晴らしすぎる…

 

化粧水や洗顔や乳液代もかからないし、なおかつ美肌にもなれるし、完璧なんじゃないか?美容お化けの姉と妹を鬼のように説得して、奴らにも試させてみるか。


 

以上が「1か月間何もしない美容ケア生活」の経過観察日記です。途中までは冬であまり喉も乾かないということもあり、ほとんど水を摂取していなかったのですが、途中から水を1日2リットルを意識して摂取し始めました。

 

水を摂取する前でもニキビ抑制効果があったのですが、水を摂取し始めてからは肌の乾燥に関しても抑制することができました。理論的には水の効果を知っていたのですが、ここまで体にプラスな影響があるとは思いませんでした。

 

また、自分だけではサンプル数が少なすぎるので、私が1か月間やり遂げた後に、美容お化けの姉と妹を説得してやらせました(笑)。すると効果があったのか、月に十何万も美容ケアに課金していた姉が、今となっては「何もしないケア」のとりこになりました。

 

妹はそこまで美容にこだわっていなかったタイプなので、すんなりと何もしないケアを受け入れて楽に生きています(笑)。

 

3.結果と考察

 

今回の1か月間にわたる「何もしない美容ケア生活」の結果は以下です。

 

~結果~

 

■最初の1週間ほどは今まで以上に肌が乾燥する

■2週目以降から肌の性質が徐々に変化してくる

■ニキビができづらい肌に進化してくる

■肌本来の保湿機能が向上する

 

この検証を行なおうかどうか迷っていた時は、「皮脂量の多い潤い肌の人には向いているかもしれないけど、乾燥肌の人にはあまり向いていない方法なのじゃないかな…」と思っていました

 

しかし、乾燥肌の人も、最初はやはり乾燥状態が進行するのですが、その後に自身の本来の保湿機能が上昇してきて、効果が出てきます。そのため、「敏感肌だからあまり何もつけたくないけど、つけないと乾燥がひどくなるからつけざるを得ない…」という方も、やってみてください。

 

少なくとも、変な高い美容液などを購入して肌が悪化してしまうくらいなら、無料で行なえるこちらの「何もしない美容ケア」の方が断然試す価値があると思います。一応私の姉弟で検証(サンプル数=3)をしていますので、乾燥肌かつ敏感肌の男女(20代前半~20代後半)にはそれなりに効果があると思います。

 

今回の結果に対する考察は以下になります。

 

 

~考察~

 

人間の肌は、肌上の乾燥度合いに合わせて皮脂の分泌量が変化する。化粧水や乳液などの外部塗布により肌をコーティングした場合、肌上が潤っていると認識した肌細胞が皮脂の分泌量を下げる

 

皮脂は悪いものというイメージが大きいが、実は皮脂は肌に必須な存在である。皮脂は肌上の表皮ブドウ球菌(美肌菌)により分解され、脂肪酸とグリセリンに分解される。この脂肪酸は酸性である(pH4~6)ため、ニキビなどの原因になる悪玉菌(黄色ブドウ球菌)を抑制する効果がある。

 

また、グリセリンは保水機能が高く、保湿物質となり得るため、肌をコーティングして肌乾燥や外部からの刺激から肌を守る機能がある。そのため、皮脂は本来美肌へ貢献してくれる物質である。

 

つまり、本来の肌機能を取り戻せば、肌は自然と綺麗になるはずである。これが今回、何もケアをしなかった時に効果が得られた理由である。

 

また、水に関しては、表皮の角質細胞の保水因子の保水量にも影響してくるため、しっかりと水を摂取していた方が保湿機能が保たれるのである。

 

おそらく何書いているか分からない箇所もあると思うので、その詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

 

美肌菌を増やして美容効果を最大化する4つの方法を専門家が紹介

 

乾燥肌に効果的な食べ物と飲み物4選!乾燥肌の人の肌性質を知っておこう

 

ダイエットに水を飲むことが効果的な理由!しかし飲む量によっては危険かも

 

 

4.オススメの美容ケア方法

 

以上の科学的考察と、今回の1か月間の検証を踏まえて、以下にオススメの美容ケア方法を記載します。

 

~オススメの美容ケア方法~

 

①まずは水を1日2リットル摂取することを心がける

※1日当たり200ml×10回

②洗顔料は使わないこと

③化粧水は使わないこと

④乳液は使わないこと

⑤加湿できるのであればした方が良い

 

上記①~⑤を心がけるだけで本当に違います。特に②の洗顔料に関しては、今回のような何もしないケアだけに当てはまることではなく、そもそもの肌化学的に使わないことをオススメします。とはいっても、化粧を落とさないといけない場合などもあると思うので、その際は優しくなでるように洗ってあげてください。

 

5.結論

 

今回の1か月間「何もしない美容ケア」を通しての結論は以下です。

 

  • 何もしないケアは乾燥肌かつ敏感肌の人にも有効
  • 水を1日2リットル摂取することで乾燥が緩和する
  • 最初の1週間~2週間は乾燥に耐える時期である

 

以上が今回行なってみて大切だと感じたこと、そして思ったことです。美容費用が高すぎて悩んでいる方は、是非一度試してみてください。無料でできますので。今回は以上です!最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です