1か月間なら短期賃貸とホテル生活どちらがお得?かかる費用と満足度

 

今回は『1か月間なら短期賃貸とホテル生活どちらがお得?かかる費用と満足度』ついて紹介します。

 

受験や転職、出張などの理由で、少しの間だけ県外にいないといけないことがありますよね。

 

1か月ほどの期間だと、賃貸契約もできないし、かといってホテル生活というのも金銭的に心配です。

 

そこで今回は、短期賃貸の場合、ホテル生活の場合、その都度往復する場合の費用と満足度を紹介したいと思います。

 

【1か月間】短期賃貸の費用と満足度

f:id:tokiotokonanawariG1:20190927154343j:plain

 

費用

  • 賃料:53,000円
  • 水道・光熱費:23,000円
  • 管理・共益費:22,000円
  • 清掃費:16,000円
  • その他オプション費:16,000円
  • 食費(自炊):30,000円

総計:160,000円

 

短期賃貸の場合、アメニティが一切ついていません。そのため、これらの初期費用も考慮しなければなりません。

 

よって、最終的に1か月間で最低でも約16万円以上はかかることになります。

 

1日当たりに換算すると、1日当たり5,200円ほどで生活できる計算です。

 

生活面の満足度

【良い点】

  • 自分の部屋のようにくつろげる
  • 最低限の家具や家電は揃っている
  • 自炊ができる

【悪い点】

  • 掃除を自分でしなければならない
  • 部屋に使い古された感がある
  • 安いと汚い部屋しか紹介されない

 

マンスリーアパートの魅力は、「自分の部屋のように扱えること」「自炊できること」です。

 

しかし、魅力がある一方でデメリットもあります。

 

それは、月16万円ほどではあまりきれいな部屋は紹介されないことです。

 

私が体験したマンスリーアパートでは、初めて入室した際に部屋の中を虫たちが駆け巡っていました

 

あまり人気のない物件を選んでしまうと、前回の入室者との期間が空いてしまうので、注意が必要です。

 

【1か月間】ホテル生活の費用と満足度

f:id:tokiotokonanawariG1:20190927152908j:plain

 

費用

【費用のパターン】

  1. デイプランでホテルを複数回る
  2. ウィークリープランでホテルを4つ回る
  3. マンスリープランで1つのホテルに留まる

 

1.デイプランでホテルを回る場合

  • 宿泊費:70,000
  • 食費:56,000
  • コインランドリー費:4000円

総計:130,000円

 

毎回の移動と予約の面倒に耐えられるのであれば、上記のパターンが一番安いです。

 

ただし、これは安いホテルを探し回った場合です。

 

日本のホテルの場合は、安くても最低限のクオリティは保たれています。

 

1日当たりに換算すると、1日当たり4,200円ほどで生活できる計算になります。

 

2.ウィークリープランでホテルを回る場合

  • 宿泊費:170,000円
  • 食費:46,000円
  • コインランドリー費:4,000円

総計:220,000円

 

長期プランは朝食がついているケースがほとんどなので、食費から朝食費を差し引いています。

 

1日当たりに換算すると、1日当たり7,000円ほどで生活できる計算になります。

 

3.マンスリープランでホテルに留まる場合

  • 宿泊費:152,000円
  • 食費:44,000円
  • コインランドリー費:4,000円

総計:200,000円

 

マンスリープランは、長期優待として割引がされるので、ウィークリープランよりもお得です。

 

1日単位に換算すると、1日当たり6,500円で生活できることになります。

 

生活面の満足度

【良い点】

  • 契約が不要
  • アメニティ等が揃っている
  • 毎日清掃してくれる
  • 基本的にきれい
  • 駅から近いところが多い

【悪い点】

  • 自炊ができない
  • 外出の都度フロントと顔を合わす
  • 人を呼べない
  • 自室のような自由度はない

 

ホテル生活はオシャレで魅力的ではありますが、なんといっても費用がかさみます。

 

しかし、サービスがよく、自分で清掃をする手間も省けるうえに、きれいなところが多いです。

 

その都度往復した場合の旅費

ソース画像を表示

 

【受験の場合】

  • 100,000円ほど

【就活や転職の場合】

  • 200,000円ほど

 

実際は、同日で受けられる場合もあるため、これよりも少ないでしょうが、結構な額がかかります。

 

短期賃貸・ホテル生活・その都度往復まとめ

第1位 マンスリーホテル(約20万)

  • 毎日清掃が入るところが魅力的

 

第2位 短期賃貸(約16万)

  • 低価格で自由度の高い生活を送ることができる点が魅力的

 

第3位 その都度往復(約20万)

  • 友達などの家を利用できるのであれば魅力的

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です